志免立坑櫓を活かす住民の会
「福岡県さわやか道路美化促進事業実施団体」に認定!

ボタ山麓の「県道志免須恵線」の草刈と菜の花の種植え実施! (写真は下)


 アドプトプログラムの福岡県版で「さわやか道路美化事業促進事業」として地域の歩道などの美化や清掃を個人、町内会、企業他、団体が参加団体としてボランティア活動を行うことを福岡県と該当市町村と参加団体とが協定を結び、認定団体として活動するもので、県(土木事務所)は表示板の設置、清掃用具の支給、安全指導、傷害保険への加入を行い、市町村は参加団体との連絡窓口、ゴミの処理等を行います。

 「志免立坑櫓を活かす住民の会」はこの認定団体となり、さる9月30日(土)にボタ山麓と立坑櫓の間を通る「県道・志免須恵線」750mの草刈を行いました。参加者は70名でした。
 また草刈り後、昨年にひきつづき「菜の花」の種散布を行いました。
 今年度は歩道から3m以上のスペースの草刈りを行い種散布をいたしました。
来年春には、ボタ山すそ野と立坑櫓周辺一面に「菜の花」が咲き誇ります。
 全国から多くの方が「志免立坑櫓とボタ山・菜の花ロード」の散策に来られることが私達の夢です。

参加者へ挨拶

立坑櫓側の草刈り

草刈り機での一斉作業

ボタ山頂上へ草刈り

ボタ山中腹での休憩

ボタ山草刈り(右端・古庄)

ボタ山裾野の樹木伐採

草刈り・前(立坑櫓に向かう)

草刈り・後

草刈り・前

草刈り・後